Back Number

Real Voice of BFC Student 2016

ファッション流通科
ショップスタイリストコース
篠原千晶
Chiaki Shinohara

千葉県立富里高等学校卒業

就職先:
株式会社アダストリア
総合職
篠原千晶
篠原千晶
好きな音楽
E-girls、GENERATIONS(同世代のメンバーが多いのでがんばっている姿を見ると元気になります。ライブは年に2、3回行ってます)
好きなブランド
ローリーズファーム、ジーナシス(ベーシックアイテムにトレンドをほどよく加えたデザインが気に入っています)
マイコーディネイト
甘辛ミックスで大人の女性を意識してみました。ピンクベージュのポシェットはどんな格好にも合うので重宝しています。
即戦力を持った販売員になれるノウハウが学べます。即戦力を持った販売員になれるノウハウが学べます。即戦力を持った販売員になれるノウハウが学べます。
H館にある実習室「SHOP501」にて。
先生や学生同士がお客様と販売員になり、ロールプレイングをして接客のスキルを身につけていく。
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」
Questions & Answers
この科の特徴は?
アパレル販売員を育成するコースで、接客の仕方、商品知識、購買力を高めるディスプレーやその戦略方法などを学んでいきます。日ごとに言葉遣いや身だしなみに気を配るようになり、社会人としての礼儀が培われていくのを実感するはずです。なので卒業後は現場ですぐに活躍できる即戦力を持った販売員になれると思います。
文化服装学院を選んだ理由は?
高校の先生からすすめられたのがきっかけです。知名度、施設の充実ぶり、学生のファッションレベルの高さなどが他の服飾学校に比べてよかったので文化を選びました。
この科を選んだ理由は?
服はつくれないけれどファッションが好き。でも将来何になりたいかわからない。そんな自分に当てはまったのがファッション流通科でした。2年次に進む際に5つのコースから選ぶことができたので、それまでに自分のなりたい職業が見つかるだろうと思ったからです。いろいろな授業を受けるうちに、人と会話をするのが好きだなと感じるようになり、販売員という職業を意識し始めました。そして2年次の選択する際に販売員になることを決意、このコースに進みました。
好きな授業は?
接客応対スキルというロールプレイングをして接客方法を学ぶ授業です。ショップ同様の教室で先生やクラスメイトがお客様になり、自分は販売員として接客していきます。リアリティがあるので身につきやすく、クラスメイトの接客を見ると客観的な視点も育まれ、ためになることがいっぱいです。この授業を受けてから、ショップで働く販売員がすごく気になりました。新宿のルミネエストはおしゃれで接客上手な販売員がいるので参考になります。以前に、お客様の要望を受け止めつつ、お客様が傷つかないように自分の思いをソフトに伝える販売員を見て感動しました。実は自分はアルバイトでアパレル販売員をやっているので、授業で習ったこと、それで得たことを実践しています。
思い出に残ったことは?
文化祭の時、クラスで取り組んだ「BUNKA POP UP SHOP」です。卒業生のブランドを集めて売り場をつくり、文化祭に訪れた一般のお客様に向けて販売をするという、このコースが誕生して以来の初の試みでした。販売のアルバイト経験がある私でも取り扱ったことのないメンズアイテムや高額商品があったので、どこをセールスポイントにして接客するかとても難しかったです。クラス全員、毎日遅くまで接客の練習を繰り返し、売り場をつくり込んでいきました。大変でしたが今振り返るといい思い出です。
学生生活で大切なことは?
文化の授業でもアルバイト先でも感じるのは、お客様との会話です。お客様が楽しい気持ちで買い物をしてくださることが大切で、それには会話が重要不可欠です。商品知識やファッションだけでなく、アートや音楽や食べ物など、あらゆることにアンテナを張って会話のネタを増やしたいなと思っています。
将来の目標は?
アルバイト先の店長はスタッフ全員を公平に評価し、怒っても最後に微笑みかけてくれる愛情のある人です。授業でわからないことを教えてもらったり、就職活動の相談をしてもらったりと仕事外での悩みも聞いてくれました。今は産休でアルバイト先には顔を出しませんが、連絡は取り合っています。心から尊敬する人です。だから将来の目標は、店長のような販売員になることです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
千葉の実家から車と電車を使い、2時間かけて通学しています。慣れるまで最初は辛かったですが、だんだんと効率よく時間配分を決めて行動できるようになりました。週末は地元で販売のアルバイトをしています。なかなか遊ぶ時間はありませんが、たまに行く友達とのゴハンやカラオケでストレス発散をしています。
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
接客応対スキルという授業はH館の「SHOP501」で行う。アパレルショップと教室が合体した空間で接客方法を実践的に学ぶ。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
アパレル商品論の授業で配られるプリント。アイテムの各ディテールの名称を暗記しやすいように色分けして事細かく書き込んでいる。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
架空のセレクトショップを設定してつくられたプランニング案。パソコンを使った資料作成も授業で行うことが多い。
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」
販売員はメイクも命。愛用のポーチの中にはイヴ・サンローランのリップが2本。「薄づきなので重ね塗りして表情を変えています」