Back Number

Real Voice of BFC Student 2016

服飾研究科
木村佳梨子
Yoriko Kimura

宇都宮大学卒業

就職先:
株式会社ハニーズ
パタンナー
木村佳梨子
木村佳梨子
好きなブランド
ミナ・ペルホネン(ほかにはない素敵なテキスタイルにいつも心奪われます。タンバリンとタルトという柄がお気に入りです)
影響を受けている人物
皆川明(ミナ・ペルホネンのデザイナーとして、無駄をつくらず、長く着られる服やプロダクトを生み出す姿勢に感心します)
マイコーディネイト
ナチュラルでシンプルな服装に、ゴールド系のイヤリングやブローチなどのアクセサリーをポイントづけするのがお決まりです。
あっという間で濃密な一年間、積極的になっていく自分に成長を感じます。あっという間で濃密な一年間、積極的になっていく自分に成長を感じます。あっという間で濃密な一年間、積極的になっていく自分に成長を感じます。
図書館に行くと必ず立ち寄るという刺繍の本が並ぶコーナーにて。
デザインの参考になる国内外の珍しい書籍がたくさん並んでいる。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。
Questions & Answers
この科の特徴は?
1年間で服づくりの基礎知識とファッションの一般教養を学びます。私も含めてクラスメイトのほとんどがファッションの勉強をしていない大学や他の専門学校を卒業した人たちです。「やっぱり服をつくる仕事がしたくて、短期間で習得してアパレルメーカーに就きたい」と思っている人にはぴったりの科だと思います。1年間で5、6着のアイテムをデザインからパターン、縫製まで手がけるほか、生産や服装史なども勉強します。とにかくハードです。けれどもその分、集中して多くのことを吸収できるので短期間で確実に身につきます。
文化服装学院を選んだ理由は?
もともとバッグやアクセサリーなどの小物をつくるのが好きで、高校生の時から文化服装学院に行きたい気持ちを持っていましたが、親と相談した結果、大学の道を選びました。教育学科で環境について勉強をしていましたが、やはりどうしても文化があきらめきれず、親をなんとか説得して、大学卒業後、念願の文化に入りました。
この科を選んだ理由は?
1年間という短期間でカリキュラムが組まれていること。大学を卒業したので早く社会に出たかった私にとって大きな決め手になりました。いちおう他の服飾学校でも1年間コースを探してみましたがありませんでした。ファッションビジネスはあるかもしれませんが、服づくりで1年間というのは、もしかしたら日本でこの科だけかもしれません。
好きな授業は?
服装造形です。素材に合ったパターンメーキングや縫製のポイントを教えてもらうことができ、日に日に技術と知識が身についているのがわかります。この授業を通して私はパターンが好きなことに気づき、パタンナーという職種で就職活動をしました。原型をアレンジしてこうすればこういう形になるといった、頭で想像しながらパターンを引いていく作業がとても楽しいです。
思い出に残ったことは?
どちらかと言えば引っ込み思案で前に出るタイプではありませんでしたが、この科に入ってからそうはいられなくなってしまいました(笑)。一年間しかないので授業のスピードがとんでもない速さで進んでいきます。我先に出て行って先生に質問したり点検してもらわないと、あっという間に置いてかれて落ちこぼれになってしまいます。だから先生の前には常に学生がいます。そんな状況で過ごしているうちに自然と積極的な自分になっていました。とは言ってもまだまだですが、服づくりの腕だけでなく性格もちょっと成長してうれしいです。
学生生活で大切なことは?
やはり一年間だから他の科に比べて教えてくれるアイテム数は限られ、吸収できることも限られてしまいます。だから先生やクラスメイトなどお手本になる人の作品や作業を見て知識と技術をもっと蓄えたほうがいいと思います。あとは課題以外のことも積極的にやるように私は心がけていました。有志によるコラボレーションでは子供向け番組の衣装を制作しました。子供が描いたデザイン画から形に起こしてキャラクターに着てもらうのですが、人間ではないのでパターンを引くのが大変でしたが(笑)、収録現場に行って関係者の方々とお話ができ、いい経験になりました。
将来の目標は?
就職先ではパターンだけでなく企画や生産管理などの仕事にも携われるようなので、様々なことを経験し、「この人に仕事をお願いしたい」と思ってくれるような信頼のある人間になりたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
課題は夜よりも朝のほうが集中できるので、大事なところは早めに学校に行ってやるようにしています。残念ながらアルバイトは忙しくてできませんでした。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
入学して最初につくった裏地のない一重スカート。配色と曲線にこだわり、自分らしさを表現した思い出の一着。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
同じく課題で制作したワンピース。プリーツやタックの入れ方、曲線の切り替えなど、細部に工夫を凝らして。
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
授業中、先生の前には常に学生がいて質問に応答したり点検を行っている。この科だけでなく全ての科でも見られる文化ならではの光景。
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
愛用の裁断ばさみと糸切りばさみ。「みんな同じのを使っているので間違われないように色違いのタッセルをつけています」
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。
卒業制作ではフォーマルウェアがテーマ。立体裁断でギャザーをたっぷり入れたフェミニンなドレスを制作中。