Back Number

Real Voice of BFC Student 2016

アパレルデザイン科
三好渚
Nagisa Miyoshi

千葉県立小金高等学校卒業

就職先:
ルネ株式会社
デザイナー
三好 渚
三好 渚
好きなブランド
ズッカ(ディテールにデザイン性を持たせた着心地のいい服が多いので、普段でもよく着ます。私もそういう服づくりがしたいです)
好きな雑誌
GINZA(ファッションだけでなくライフスタイル全般のトレンド情報がたくさん載っているので毎月必ずチェックしてしまいます)
マイコーディネイト
キャミソールトップとデニムスカートは大好きなズッカ。オリジナルプリントを施したお手製のバッグは毎日愛用しています。
文化祭での経験は自分を大きく成長させた気がします。文化祭での経験は自分を大きく成長させた気がします。文化祭での経験は自分を大きく成長させた気がします。
F館にある教室にて。
提出期限間近で最後の追い込みにかけるクラスメイトで緊張した空気が流れる。「時間との勝負。もうひとふんばりです」
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」
Questions & Answers
この科の特徴は?
デザイン画も描けば、平面でも立体でもパターンを引きますし、パソコンでテキスタイルプリントもつくりますし、いろんな素材を部分縫いして素材の特性を知るという勉強もあります。つまりは服づくりにまつわる全てのスキルを身につけていき、それが大前提のうえで、自分らしいデザインを作品に投影していかなければいけないのがこの科の特徴。自分のやりたいことを追求しながらデザイン性に富んだクリエーション能力を育んでいけると思います。
文化服装学院を選んだ理由は?
高校は普通科でしたが部活で服をつくっていたので卒業後はファッションのことを勉強したく、いろいろな服飾学校を調べてみました。その結果、施設の充実ぶり、世界的な知名度、学生のレベルの高さ、規模感など、どの面においても文化が一番秀でていると思い、入学を決意しました。
この科を選んだ理由は?
高校生の時に受けた文化のガイダンスで相談した先生に「服づくりの経験があってデザイナー志望であれば、まず1年はファッション工科基礎科がいいと思う」と勧められたからです。1年次は服づくりの基礎を中心にデザイン画や素材など様々な事を学びます。その間に自分の得意分野や職種についてだんだんとわかってくるようになってきて、私の場合はよりデザイナーになりたい気持ちが強まったので、2年次の進級の際はアパレルデザイン科を選択。3年次になるとメンズデザインコースのどちらかを選べましたが、気持ちは変わらなかったのでそのままアパレルデザイン科に進みました。
好きな授業は?
時間をかけて作品を手がけていくアパレルデザインです。自分らしいデザインを考えるのは一苦労しますが、少しずつ形になっていく様子が楽しいです。この科に入り、デザイナーになるうえで、人に着てもらうことを考えた服づくりを一番に大切にしなければいけないと感じるようになりました。だから素材による着心地のよさは重要視しています。あとはどこで着るのかわからないデザイン性に凝った装飾的な服よりも、細部にこだわりを強く感じる日常的な服のほうがつくりたいです。そういう意味ではズッカをはじめ、マーガレット ハウエルやサカイのコレクションはいつ見ても感心してしまいます。どれもバランスのいい服づくりをしているからです。
思い出に残ったことは?
2年次に先生の勧めもあって文化祭のショーでデザインスタッフを務めました。シーン長と一緒にデザインを考えていくのですが、100体くらいデザイン画を描いたかもしれません。とにかく描きまくりました。みんなと話し合いながら形にしていくことの大変さと大切さ、身にしみて感じました。きっと社会に出たらこの経験は活かせるはずです。文化祭のショーは経験する・しないでは自分の成長具合が全然違ったと思います。5月からスタートして11月の本番まで、もちろん課題もあるし他の学校行事で作品を手がけることもあったので、本当に辛かったですが、得たものはすごく大きかったです。
学生生活で大切なことは?
今までの話を踏まえ、学校は休みたくても休めません(笑)。特に1年次は初めてのことばかりでしかも課題が山盛りに出てくるので本当にハードです。体調管理は怠らないようにしたいですね。1年次を乗り越えば、自ずと体力も精神力もつき、どんなことがあっても乗り越えられると思います。文化に入ったら一生涯の友達に出会えるはず。私は友達のおかげで文化でなんとかがんばってこれたと思いますので友情も大切です!
将来の目標は?
アパレルだけでなくライフスタイル全般のブランドを手がけられるような人になりたいです。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
千葉の実家から通っているので登下校の1時間半は、寝て体力を温存したり読書をしたりと、私にとって貴重なリフレッシュタイムです。休日はなるべく外出して自分の視野を広げようと思い、アルバイトや友達と一緒に遊ぶようにしています。
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
異素材ミックスのデザインが自分らしいと語る三好さん。卒業ショーもナイロンやレース刺繍などを合わせた作品が登場した。
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
愛用のスケジュール帳には文化祭の時に友達から寄せられた手紙を大切に保管している。「辛い時にこれを見ると元気が出ます!」
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
2年次の課題で制作した皮革作品。キルティング使いをベースに、異素材のボアを加え、ビッグサイズのシルエットに仕上げていったという。
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」
3年次に課題で取り組んだ奈良県とのコラボレーション企画。完成作品をモデルが着て歩く姿に「感動して泣いたのが私一人だけで恥ずかしかったです(笑)」