Back Number

Real Voice of BFC Student 2016

アパレル技術科
生産システムコース
堅田緋咲乃
Hisano Katada

神奈川県立相模向陽館高等学校卒業

就職先:
株式会社マツオカコーポレーション
製品企画
堅田緋咲乃
堅田緋咲乃
好きなブランド
「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT」(私の人生を大きく変えた嶽本野ばら作の「下妻物語」に登場するロリータ系のブランド。服に興味を持つきっかけとなりました)
影響を受けている人物
嶽本野ばら、宮藤官九郎(どちらも個性的で刺激的で、でも奥の深いストーリー性に魅かれます。クドカンは「木更津キャッツアイ」がお気に入り)
マイコーディネイト
ロリータファッションが好きなので毎日スカートかワンピース。パンツは履きません。ピンクは大好きですが自分には合わないので、たいがい黒い格好です。その代わり爪はピンク。実は小物も自分の部屋もピンクでそろえています。
服と計画を立てるのが好きな自分にぴったりな環境が整っています。服と計画を立てるのが好きな自分にぴったりな環境が整っています。服と計画を立てるのが好きな自分にぴったりな環境が整っています。
お気に入りの場所、B館地下にある生産管理実習室にて。
ボタンホールを開ける機械、レーザーカットの裁断機、企業用ミシンなどがずらり並んだ空間は圧巻。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。
Questions & Answers
この科の特徴は?
服を量産するためのノウハウを幅広い視点で学んでいきます。CADやグラフィックなどのパソコンを使う授業もあったり、生産管理の仕組みや原価計算、工賃の設定などの授業もあったりと、とにかく内容がもりだくさん。大量生産を見据えた服づくりのプロセスを工場目線で考える力が身につきます。服づくりの視野が確実に広がります。
文化服装学院を選んだ理由は?
親が美大出身だったこともあり、小さい頃から絵を描き、手で何かをつくることが好きでした。いつしかファッションに興味を持ち始め、いくつかの服飾学校をチェックしたところ、高校の先生から「文化がいいよ」と強く勧められたので入学を決意。今思うと、文化に入って本当によかったです。他の服飾学校にはない、工場顔負けの本格的な機械が充実している点は大きいと思います。それと年齢も国籍も違う人たちがたくさんいるので、会話が弾み、刺激もたくさん受け、よりファッションも服をつくることも好きになりました。
この科を選んだ理由は?
入学当初はパタンナー志望だったので2年次のアパレル技術科に行くことを前提に1年次はファッション工科基礎科へ。2年次に念願のアパレル技術科に進み、パターンを勉強するなかで、果たしてこのままパターンを極めていってもいいのかな?と思うようになりました。学生のうちにパターンだけでなく、もっと幅広い知識と技術を身につけた方がいいかもしれない、と。ちょうどそのタイミングで生産管理に興味を持ち始めました。もともと自分は計画を立てるのが好きなタイプ。その性分に合っているのはパタンナーではなく、生産管理かもしれないと感じるようになりました。そこで3年次は生産システムコースに思い切って進路変更。その選択は正しかったと思います。自分の性格と好きなこと、やりたいことが一致して、将来の道がぱっと開けました。
好きな授業は?
このコースは他の学科よりもCADの授業を多く設けていて、なおかつCADグレーディングを唯一学ぶことができます。その結果、2年次までは苦手でしたが今では思い通りにつくれて、すっかり好きになってしまいました。
思い出に残ったことは?
学生生活の3年間全て。どれが一番の思い出とは言えないくらい毎日が充実で楽しかったです。でもあえて言うならば、今取り組んでいる卒業研究。一年を通して自分で設定したテーマに基づいて調査し、量産できる服を考案し、工場に渡す仕様書などを作成していきます。私はファストフード店でのアルバイト経験から「飲食店のユニフォーム提案」というテーマを設けました。学んだことをフルに活かせて、しかも計画的に進められるので楽しくてたまりません。実は2年次にこのコースに進級することを決めた時から温めてきたテーマ。だからやりがいをすごく感じています。
学生生活で大切なことは?
文化は進級する際に学科を選択できるのがいいところ。進級するまでの間、自分でよく考えて行動してみてください。そうすればハードな課題も一つずつクリアでき、自分の好きなことや就きたい職業も見つかると思います。
将来の目標は?
就職先は中国に自社工場があり、様々な企業のOEMを請け負っているので、たくさんの経験と知識を得ていきたいです。最終的には川上から川下まで統括できるアパレルのエキスパートになれたらいいなと思っています。
一日を円グラフで表すと?
円グラフ
課題を一週間で終わらせる、一日で終わらせる、授業内に終わらせるといった三段階の期限を自分の中で設定し、計画的に早めに提出するように努めています。休日でもやっぱり手を動かすことが好きで、セルフジェルネイルや人形の服をつくって楽しんでいます。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
他の服飾学校にはない希少かつ高レベルの機械が充実している生産管理実習室。授業だけでなく、課題制作で放課後に訪れることもしばしば。
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
裁縫道具や化粧ポーチなどの小物はピンク系で統一。しかもハローキティとマイメロディが占拠。「実はサンリオも大好きなんです(笑)」
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
3年次に課題で手がけた圧縮ウールのコート。断ちっぱなしの襟がポイント。このコースらしく、量産可能なパターンや縫製仕様書も作成しなければならない。
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。
趣味でもあるジェニーちゃん人形の服づくりは、有型を自己流にアレンジした力作。左から夏、ミニーちゃん、AKB48をイメージしてデザインしている。