TELLファッションを伝える
メイクアップアーティスト

ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に

メイクアップアーティストとは

テレビや映画、雑誌や広告などに出演するタレントやモデルにメイクをしたり、コスメショップでお客さまにメイクアップのアドバイスをする仕事です。
化粧品についての深い理解や最新知識はもちろん、ファッションとの調和や、メイク対象ごとに異なる肌質や骨格を踏まえ、望まれたメイクを完成させる知識と技術、センスが求められます。

メイクアップアーティストはこんな仕事です

撮影現場で仕事をする場合、監督や演出家、ディレクターの意図、タレントの役柄、衣装のトーンを踏まえてメイクを施します。コミュニケーションを通じてタレントやモデルの緊張をほぐしたり、ヘアカットやアレンジの担当を求められることも。 ショップでお客さまに対応する場合は、なりたいイメージやニーズをしっかり聞き取ったうえで、プロフェッショナルとして肌質や骨格などの条件を考えた的確なアドバイスをしながら、コスメアイテムを提案します。

メイクアップアーティストになるにはこういうことを学びます

基礎から応用まで、メイクの知識と技術を習得します。ファッションコーディネイトやヘアスタイル、メイクアップ、撮影などを総合的に学び、感性を磨くことで表現の幅が広がります。

メイクアップアーティストが学べる学科

ファッション流通専門課程 

  1. ファッションメイクアップコース

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力