Q1.このコースの特徴は?

ファッションの専門的なことを学びながら、ウォーキングやフォトシューティングなど、モデルとして必要なノウハウを身につけていきます。ヨガやダンス、演技といった全身を使って表現力を豊かにする授業があるのも特徴的。また、広告の撮影や企業のショーに出させていただく現場実習があるのも魅力です。このコースに入ってから確実にポージングや表情に変化が。どんどん良くなっていくので、自信とやりがいが出てきます。

 

Q2.文化服装学院を選んだ理由は?

母方の叔父がファッションが好きだったらしく、時々、昔着ていた服を大量に家に送ってくれてたんです。STUSSYとかストリート系が多くて、そのお下がりを着るのが好きでした。そうしたら自分もファッションに興味を持ち始めて。服飾学校を調べると文化の名前をよく目にしたので、高校の先輩で文化に通っている人に話を聞いたら評価が高く。それで文化祭のショーを見て感動。ここに行こうと決めました。

 

Q3.このコースを選んだ理由は?

きっかけは1年次に先生から誘われて受けたファッションフェスティバルのモデルオーディションです。受かってしまい、その流れで文化祭のショーモデルも務めました。本当はスタイリストになりたくて文化に入ったんですが、ショーで経験したあの高揚感、それと他科の学生から作品撮りでモデルの依頼をもらうようになり、秋には気持ちを固めてモデル事務所に入り、2年次の進級は迷わずこのコースを選択しまし た。

 

Q4.将来の目標は?

特別講義でモデルとして活躍されている方が話された「モデル以外の武器を持ったほうがいい」という言葉が胸に響きました。もちろんモデルとして行けるところまで行きたい。でもずっと続けるのは難しいかもしれません。自分の武器はなんだろう、と。最近、演技の授業を受けておもしろいと感じています。事務所のマネージャーからも言われているので、モデルと並行して演技の勉強も今後はもっと力をいれていこうと思います。

 

Q5.一日を円グラフで表すと?

放課後は自分の視野を広げるためになるべく外に出かけています。映画を観たり、友達と遊んだり、走ったり。だから課題は授業内に終わらせる!が鉄則。卒業後は海外でもモデルの仕事をしたいので、英語の勉強に励んでいます。




取材内容は2019年3月時点のものです