TELLファッションを伝える
ファッションモデル

美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード

ファッションモデルとは

ブランドの魅力や個性を消費者に伝えるため、服やファッションアイテムを身につけ、ファッションショーや雑誌、カタログ、広告などに出演します。
スタイルの良さは必須条件。アイテムの魅力を引き出す感性・知性やウォーキングとポージングのスキル、健康や体型を維持する自己管理能力と栄養学の知識、体力や粘り強さも求められます。

ファッションモデルはこんな仕事です

仕事の内容は、ファッションショーに出演する「ショーモデル」と、雑誌やカタログなどに登場する「スチールモデル」の2つに大きく分けられます。
ショーモデルを務める際の使命は、ブランドが打ち出す世界観をアピールすること。ランウェイを歩いてデザイナーやディレクターが抱くイメージを自らの体で表現します。スチールモデルではカタログや広告のテーマをカタチにするため、ディレクターやカメラマンの指示に従ってポーズと表情をつくり撮影に臨みます。

ファッションモデルになるにはこういうことを学びます

歩き方や写真を撮る時のポージングなど自分をきれいに見せるための知識を、ウォーキングやヨガの授業などで実際に体を動かして学ぶことが必要。また、スキンケアを含むメイクの基本や、体調を管理するための知識も学んでおくとよいでしょう。

ファッションモデルが学べる学科

ファッション流通専門課程 

  1. ファッションモデルコース

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力