「服づくり」の基礎から応用までを1年間で習得。


大学・短大・高等専門学校卒業者を対象とした1年間の集中カリキュラム。短期間でファッションの専門知識と技術を身につけることが可能です。企画・デザイン、パタンナー、MD、営業、販売など幅広い職種へ対応する人材を育成します。


授業概要

大学・短大・高等専門学校で学んできた一般教養と専攻分野の知識を土台に、1年間で密度の高いプログラムをこなします。基本アイテムから応用までを段階的に学びながら、ファッションの専門知識と技術を身につけます。デザインの発想からイメージ表現、平面・立体裁断によるパターンメーキング、素材に適した縫製、コーディネート、アパレル素材としてのテキスタイル知識、ファッションビジネスと既製服生産システムなど、デザインの発想から生産までの全過程の理論と技術を実践的に学習します。ファッション業界のあらゆる分野に適応できる能力を身につけることが可能です。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
アパレル素材論Ⅰ 西洋服装史 服装造形
服装造形 ファッションビジネス概論Ⅰ 服飾デザイン論Ⅰ
服装造形
服装造形/量産技術実習Ⅰ 服装造形
服装造形 ファッションデザイン画Ⅰ
前期時間割

TOPICS

ショーウィンドウに作品展示

1年間の集大成となる卒業制作前のアイテムとして、ワンピースドレスを制作。バリエーション豊かな作品をショーウィンドウに展示しました。

Student’s CREATION

透け感素材のレイヤードで エレガントさを

1年間の集大成となる卒業制作では、レースやオーガンジーなど薄手の素材を重ねることで、光や動きによって印象が変化する服をつくりました。薄手の生地は、縫い代も表に見えてしまうので慎重に縫製しました。たっぷりのプリーツもポイントです。

作者
鈴木奏子さん
服飾研究科
武蔵野美術大学 卒

主な授業

服装造形
トレンド研究・市場調査からデザインコンセプトを設定。各アイテムのデザイン、作図、パターンメーキング、縫製に至るまですべての制作プロセスを習得します。
量産技術実習Ⅰ
シャツの縫製を通して、工業生産機器の基礎知識を習得。生産指示書類(加工・裁断・芯貼り指示書、縫製仕様書、工程分析表、作業標準書)の目的や役割を学びます。
ファッションデザイン画Ⅰ
人体と衣服の関連を把握し、デザインの構造線を正確に描くことができるように基礎技法から学習。さらにオリジナリティーのあるファッションデザイン画を研究していきます。

将来の進路

各自が大学・短大などで身につけた教養に加えて、習得した服づくりについての総合的な知識と技術を活かした職種への就職が可能です。企画・デザインから、営業・総合職や販売まで、ファッション業界のさまざまな職種で幅広く求められています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アンダーカバー/オンワード樫山/コム・デ・ギャルソン/サマンサタバサグループ/ディーゼルジャパン/テット・オム/東京衣裳/ファクトリー/ユミカツラインターナショナル/ルックホールディングスほか

(株)ギャレット

総合職

有薗 拓朗さん

豊島(株)

デザイナー

瓜生 葵さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

服飾専門課程 服飾研究科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら