MAKEファッションを作る
ファッションデザイナー

センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を

ファッションデザイナーとは

ブランドのコンセプトやターゲット、その時々の流行などを踏まえて服の企画を練り、デザイン画を描きます。縫製仕様書や指示書を作成して、服を製造するメーカーなどに指示を出すこともあります。
また、コスチューム(舞台衣装・ウェディングドレス)などを専門にデザインすることもあります。 センスとアイディア力、オリジナリティが必須のクリエイティブな職種である一方、素材やパターン、製造工程についての知識も求められます。

ファッションデザイナーはこんな仕事です

企画に基づき、素材となる生地やその色はもちろん、ボタンなどの付属物についても具体的にイメージし、デザイン画で表現。製造にも指示を出し、サンプル服が仕上がってきたらチェックして、よりイメージに近づくよう調整を加えることもあります。 総合アパレルメーカーに所属してチーム作業を経験した後チーフデザイナーになる、著名デザイナーのアシスタントを経てオリジナルブランドを立ち上げるなど、さまざまなキャリアパスが考えられます。

ファッションデザイナーになるには、こういうことを学びます

服をデザインする際に発想力は大切ですが、売れる服をデザインするためにはデザイン画を描くテクニックや服を形にするための知識、人間の体の動きや素材についての知識など、さまざまなことを学ぶ必要があります。また、デザインのヒントを見つけるためには、ファッション以外の世の中のトレンドに常に興味を持つことも重要です。

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力