メンズファッションに特化した知識と技術を習得する。


1、2年次で習得したレディスファッションの基礎に加えメンズファッション特有の知識とスキルを専門的に学び、デザイナー、パタンナー、企画職、縫製職への道を目指します。


授業概要

多様な商品展開を見せるメンズアパレル分野に特化したメンズデザインコースは、商品の企画からデザイン、生産まで、メンズアパレル分野で必要な知識・技術をすべて習得できるカリキュラム。2年次までに学んだレディスとは異なる、メンズ独自の体型研究・デザイン発想・サイズ展開、さらにはメンズテーラードの奥深い技術も基礎から学びます。また、国内はもとより、海外のメンズファッション情報をリアルタイムに収集。市場の現状と将来を分析し、デザイン、生産性、マーケティングを考慮したメンズファッションの総合的な企画力を磨きます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
卒業研究・創作 メンズデザイン
メンズデザイン グラフィックワーク 選択科目 企画論
パターンデザイン論
メンズデザイン ファッションデザイン画Ⅲ メンズファッション環境情報
A:メンズデザイン B:工業ニット演習 メンズファッション史
前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

最終プレゼンにてオリジナルシャツを発表

シャツメーカー「フレックスジャパン株式会社」との産学協同プロジェクト。シャツの商品企画を目的とし、工場見学から商品知識、パターン、企画プレゼンまでの指導を受け、作品を制作しました。

Student’s CREATION

一目惚れした生地から アイデアを膨らませたベスト

偶然手にした生地の風合いから着想を得て、職人が着るようなワークベストを制作。メンズウェアは奇抜なデザインよりも、縫製の美しさや着心地がなによりも大切。細部にこだわり抜いて、服全体から醸し出す雰囲気がカッコイイものになるよう工夫しました。

作者
リュウ・ツウさん
アパレルデザイン科 3年
メンズデザインコース
中国出身

主な授業

メンズデザイン論・演習
紳士服の基礎知識はもちろん、メンズの各アイテムごとに、生体計測、デザイン展開、作図、縫製法、実物制作までを学習。シャツ講座など、企業コラボレーションも実施し、業界の流れについても学びます。
メンズファッション史 
ミリタリーウェアの変遷とともに変化した19世紀、アート・音楽・映画に影響を受けた20世紀以降など、メンズファッション独自の歴史を、その背景とともに学びます。
パターンデザイン論 (三越伊勢丹 産学共同プログラム)
モデリストの基礎技術、平面作図で各体型に合わせた機能性とデザインプロポーションを持つパターンを作成。シャツ、フォーマル、コートに至るバリエーションの展開。実寸と実技を主体とした教育カリキュラムが特徴の科目です。

将来の進路

ファッションの多様化に伴い、さまざまな商品展開をみせるメンズアパレルの世界。レディスとは異なる専門知識で、カジュアルからフォーマル、ユニフォームまで、求められているニーズに幅広く対応でき、さまざまな職種で必要とされています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

オンワード樫山/銀座テーラーグループ/ジョイックスコーポレーション/ブルックスブラザーズジャパン/フレックスジャパン/HEIHEI/三越伊勢丹/レオテックス/レナウン/ワールド/山喜/ヨウジヤマモトほか

(株)コム・デ・ギャルソン

企画・パターン

上田 碧さん

(株)レオテックス

縫製

堀内 仁さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程
アパレルデザイン科 メンズデザインコース カリキュラム
PDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら