唯一無二の服を生み出すオートクチュールデザイナーへ。


洗練されたクチュールの服づくりのために、手作業でしかつくれないもののすばらしさや、繊細な素材が持つ美しさを知り、高度なテクニックと高級素材への知識を学びます。


授業概要

アパレル全盛のファッション界においても普遍的とされる、オートクチュールならではの格調高い服づくりを学びます。高いパターン力と縫製技術を要する高級素材や特殊素材などの知識と技術を習得。さらにクチュール衣料に必要な伝統的な技法、オートクチュールの魅力を表現する装飾手芸についての技術も身につけます。高いデザイン力と技術力を併せ持った人材として、舞台衣装などへの道も開くことができます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
オートクチュール A:クチュール手芸演習 B:オートクチュール
オートクチュール オートクチュール
オートクチュール クチュールデザイン画
A:シャポー B:オートクチュール特論 自由選択
オートクチュール
前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

コペンハーゲンファー
スポンサーシッププログラム

デザイン画選考で選ばれた学生が、コペンハーゲンファーよりミンク(毛皮)を提供していただき、作品を制作。卒業制作ショーで披露しました。

Student’s CREATION

高度なテクニックを駆使! 贅を尽くした特別なドレス

創作演習でグループ制作したドレス。高級素材のベルベットレースは縫製が難しく、何度も練習を重ねました。カットワークとして裾や脇などに敷き詰め、主に金のコードを使った刺繍でトリミングするなど、素材の魅力を活かしました。手付けのスワロフスキービーズで華やかに!

作者
浅木絵鈴さん
甲斐彩香さん
サイ・ロロさん
谷川千晶さん
冨永みのりさん
濱田咲希さん
増田美砂希さん
服飾専攻科
オートクチュール専攻

主な授業

クチュール手芸演習
縫製 スクール
ビーズやスパンコール、コード刺繍など、イブニングドレスやステージドレスなどの分野に用いられる伝統的装飾手芸の基本的テクニックを習得。新しいアイデアによる応用を研究します。
オートクチュール特論
縫製 専門学校
著名なオートクチュール作家による特別プログラム。オートクチュールの専門知識と技術の習得とともに昨今のオートクチュールの現状を理解し、業界システムについての知識を深めます。
創作演習
オートクチュール的テクニックによるフォーマルウェアをテーマに、高級素材や特殊素材の扱い方、シルエットづくりの技術、手芸的装飾テクニックの取り入れ方をグループ制作で学びます。

将来の進路

服装科2年間で習得した服づくりの知識と技術をもとに、オートクチュール専攻では、オートクチュール(高級素材の扱いと1点ものの丁寧な服づくり)の知識と技術を学んでいきます。将来はアトリエでの制作(縫製)、舞台衣装制作などを目指しますが、アパレル企業への就職も可能です。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アトリエヨシノ/アルファブランカ/アンビデックス/ 四季/ジュンアシダ/TATRASINTERNATIONAL/チャコット/東京衣裳/東宝コスチューム/ニューリード/ハツコエンドウウエディングス/ファッションしらいし/ユミカツラインターナショナル/ワコールほか

縫製 学校 就職

四季(株)

衣裳(コスチューム)

浅木 絵鈴さん

縫製 専門学校 就職

(株)オールド・ワークス

企画職

堀 美怜さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

服飾専門課程 オートクチュール専攻(進学科)カリキュラム縫製 学校 カリキュラム PDF

縫製 専門学校 入学案内

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

入学案内書はこちら