クリエーション能力を磨き、世界で活躍するファッションデザイナーに。


この科の特徴・学べること

POINT 1

企画・デザイナー職に求められる発想力と表現技術を専門的に学ぶ!

POINT 2

アイデアを人に伝える、ファッションデザイン画の表現力を極める!

POINT 3

コンテストに挑戦!新たなクリエーションを追求し、デザイナーの道へ

Instagram

@bunka_ad_official

科で制作しているInstagram(インンスタグラム)では学生作品などを掲載しています

授業概要

2年次

1年次で得た基礎知識と技術を基に、服づくりのために最も必要な人体の構造や運動機能への意識を高めつつ、ファッションデザインの発想力と造形力を養います。素材の特性に伴う技術とともに、生産性を考慮したマスプロダクションとしてデザインをとらえます。3年次への進級時には、レディスとメンズのいずれかのコースを選択します。

3年次

デザイナーに求められる、感性の高いデザイン、商品としての服づくりの技術を学びます。商品企画をするうえで必要なデザイン力、プレゼンテーション能力を磨き、各自のクリエーションを追求します。また2、3年を通しファッションデザイン画、グラフィックワークをより専門的に学びます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
服装解剖学Ⅱ 服飾デザイン論Ⅱ グラフィックワークⅠ アパレルデザインⅠ
ファッションデザイン画Ⅱ 特別講義Ⅱ アパレルデザインⅠ
A:アパレル染色演習Ⅰ
B:アパレルデザインⅠ
アパレルデザインⅠ 自由選択(語学) アパレルデザインⅠ
アパレル素材論Ⅱ アパレルデザインⅠ デッサン アパレルデザインⅠ
2年次前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

EDWINとの企業コラボレーション

廃棄予定のデニムを学生が解体、再構築して新しい作品・商品として、生まれ変わらせる株式会社EDWINとのプロジェクト「LUTEN」を実施。つくるだけでなく、展示やショーなどさまざまな形で、コラボの周知を行っています。

バリエーションに富んだ特別講義

デザイナー、アーティスト、舞台衣装関係など多種多様な職種の講師を招聘して特別講義を実施。感性を磨くだけでなく、ビジネスとして成立するものづくりができるクリエーターを目指すための講義も充実しています。

(写真・上)EDWINとの企業コラボレーション
(写真・下)草月流師範・現代華道家 大薗彩芳氏による講義『華道とファッションのコラボレーション』より

Student’s CREATION 01

日本の伝統をアップデート。未来へとつなげるデザインを

YKKコンテスト作品(写真上)では本来平面である着物のデザインと柄を立体に再構築。伝統に現代的な解釈を加えて新たな魅力を引き出しました。学内コンテスト(写真下)では日本建築などに使われてきた素材・技法に新発想や異文化を融合。未来へつないでいくことを意識しました。

作者
新井 隆ノ介さん
アパレルデザイン科 3年
神奈川県出身・向の岡工業高等学校 卒


主な授業

ファッションデザイン画Ⅱ・Ⅲ
画材の使い方から表現テクニック、デザインワークを身につけ、感性あるファッション画の表現を目指します。3年次には各自でテーマを設定し、1年間を通して独自の発想をより具体的に表現する力を身につけます。
ファッションプランニング演習Ⅱ
ブランドのローンチとファーストコレクション発表に向け、ブランド企画から商品構成、サンプル制作までを約半年かけて取り組みます。優秀なブランドは合同展示会「NEW ENERGY TOKYO」の出展権が得られます。
アパレルデザイン論・ドレーピングⅠ・Ⅱ
ヌードボディを使い、2年次にはドレーピングの基礎を、3年次にはデザイン性の高いシルエットの表現テクニックを学びます。伸縮素材を使用した水着など、さまざまな素材の特性を活かしたフォルムを追求します。

カリキュラム(シラバス)

ファッション工科専門課程 アパレルデザイン科 カリキュラムファッション 専門学校 東京 カリキュラム PDF

掲載内容は前年度のカリキュラム内容です。入学年度の一部科目内容は変更になる可能性もありますので予めご了承頂き、参照ください。

将来の進路

専門的に学んだ知識・技術と、磨いた創造力や感性を活かし、アパレルメーカーの企画・デザイナー職への就職が大半を占めます。デザイン職もレディスだけでなく、子ども服やインナーウェア、スポーツウェアまで、幅広い分野で求められています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アーバンリサーチ/ALCATROCK/イノセントデザインワークス/エムシーアパレル/サードオフィス/四季/ジュン アシダ/ストライプインターナショナル/ナルミヤ・インターナショナル/バロックジャパンリミテッド/マッシュホールディングス/ヨウジヤマモト/吉田/WONDER STYLE ほか

就職活動アドバイス

タキヒヨー(株)/デザイナー

柳生 桃子さん

アパレルデザイン科 卒

2年生の後期ごろから自己分析をし、繊維商社のデザイナーになりたいと考えていました。そのためにポートフォリオの作成、Adobeソフトを用いた製品図、デザイン画の練習などを重点的に行い、それらのスキルをアピールできたことがよい結果につなががりました。

(株)UNTORN/デザイナー

高橋 宏明さん

アパレルデザイン科 卒

さまざまな場所に足を運び、知識を増やすことを心がけました。また、パソコンスキルがこれから必要になると思ったので独学で学び、それを生かし課題に取り組んだ事で応用力も鍛えられました。自分の引き出しを多く持つ事が採用の秘訣だと思います。

(株)フィル・エ・クチーレ/商品企画

山田 真広さん

アパレルデザイン科 卒

課題以外でも作品を作っていたので就職活動用のポートフォリオでも自分の世界観をしっかりと表現できました。加えて、企業に向けたデザインを提案できたことが結果につながったと思います。

MARK STYLER(株)/企画職

金子 亜未さん

アパレルデザイン科 卒

さまざまなことに興味を持って取り組んできたことが就職活動でプラスになりました。面接やプレゼンテーションでは、自分の考えや企画を伝わりやすく表現する工夫も重要だと思います。

主な職種

学生インタビュー

学生インタビュー動画

先輩が教えるこの科の魅力

アパレルデザイン科
公式YouTube動画

アパレルデザイン科 学生制作作品・動画ギャラリー

ファッション 専門学校 東京 入学案内

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

入学案内書はこちら