デザイン表現とクリエーション能力を磨き、世界で活躍するデザイナーに。


ファッションデザインの発想と表現技術をより専門的に習得。コンテストへの挑戦、企業とのコラボレーション、ファッションショー開催などを通して、発想力や創造力に加え、経験値も高めていきます。


授業概要

2年次

1年次で得た基礎知識と技術をもとに、服づくりのために最も必要な人体の構造や運動への意識を高めつつ、ファッションデザインの発想力と造形力を養います。素材の特性にともなう技術とともに、生産性を考慮したマスプロダクションとしてデザインをとらえます。3年次への進級時には、レディスとメンズのいずれかのコースを選択します。

3年次

感性の高い個性的なデザインと機能性を両立した、企業デザイナーに求められる服づくりのテクニックを身につけます。売れる商品を企画するうえで必要なプレゼンテーション能力も磨き、より生産性の高いデザインを追求します。また2・3年次を通した選択科目として、英語やフランス語などの語学、グラフィックワークなども履修可能です。

時間割の一部紹介

v
曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
A:アパレル染色演習Ⅰ B:アパレルデザインⅠ 選択科目 アパレルデザインⅠ
アパレルデザインⅠ 服装解剖学Ⅱ アパレルデザインⅠ
ファッションデザイン画Ⅱ
アパレルデザインⅠ デッサン アパレルデザインⅠ アパレル素材論Ⅱ
色彩論 アパレルデザインⅠ
2年次前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

奈良県でファッションショーを開催

奈良県とのコラボレーションでは、奈良県の企業に地元産の素材を提供していただき作品を企画・制作。「あたらよ」をテーマに、古来より美しい装飾に彩られた文化を表現しました。

Student’s CREATION

好きを突き詰めて 装苑賞で佳作1位受賞!

昔から好きな「乗り物」をテーマにしたコレクションで装苑賞に応募。バッテリーを積んだり、車のホーンを付けたり、光らせたり……一般的な服づくりとは作り方が全く違うので苦戦しましたが、自由に楽しみながら制作しました。

作者
宇津木陽多さん
アパレルデザイン科 3年
東京都・和光学園和光高等学校 卒

主な授業

アパレルデザイン論・演習Ⅰ・Ⅱ
企画およびデザイナーの育成を視野に、人体構造や運動機能、素材の特性、平面・立体裁断テクニックを身につけ、個性的で感性の高いデザイン発想と表現力、バランス感覚を養います。
アパレルデザイン論・ドレーピングI・II
ヌードボディを使い、2年次にはドレーピングの基礎を、3年次にはデザイン性の高いシルエットの表現テクニックを学びます。伸縮素材を使用した水着など、さまざまな素材の特性を活かしたフォルムを追求します。
ファッションデザイン画Ⅱ・Ⅲ
画材の使い方から表現テクニック、デザインワークを身につけ、感性あるファッション画の表現を目指します。3年次には各自でテーマを設定し、1年間を通して独自の発想をより具体的に表現する力を身につけます。

将来の進路

専門的に学んだ知識・技術と、磨いた創造力や感性を活かし、アパレルメーカーの企画・デザイナー職への就職が大半を占めます。デザイン職もレディスだけでなく、子ども服やインナーウェア、スポーツウェアまで、幅広い分野で求められています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アイア/オンワード樫山/クロスプラス/ナルミヤ・インターナショナル/バロックジャパンリミテッド/ヒロココシノインターナショナル/マッシュスタイルラボ/ヨウジヤマモト/ルックホールディングス/ワコールほか

(株)ストライプインターナショナル

商品企画職

橋本 紬さん

(株)メルローズ

デザイナー

矢野 花さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程 アパレルデザイン科 カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら