服づくりを中心にファッションのすべてを効率的に学ぶ。

夜間部という時間的制限のある中で、効率的に学べるカリキュラム。服づくりの知識や技術の習得を中心に、デザインから素材、ビジネスに至るまでファッションに関するすべてを総合的に学んでいきます。

授業概要

1年次

身体のサイズを把握し、機能性を重視した基本的な服を平面作図で制作。扱いやすい素材やアイテムから順次演習を行い、各アイテムごとの縫製方法とテクニックを習得します。

2年次

1年次の学びの応用として、素材選択の重要性を理解し、新たな服種とテクニックを習得。総合的なレベルアップを図ります。

3年次

平面作図とドレーピングテクニックを併用し、服種とテクニックの幅を広げ、 より応用力を高めた造形能力の習得を目指します。各自の将来の目標に応じた選択科目も充実。ドレーピング演習をはじめ、ビジネスとして成立するデザイン企画・ブランド企画の方法論を学ぶファッションマーケティング、既製服生産の特性や高品質の生産方法を理解するための生産概論・演習、CADなど、専門性の高い知識と技術を身につけます。

時間割の一部紹介

曜/時限 118:00-19:15 219:30-20:30
服装造形Ⅰ
西洋服装史Ⅰ/服飾手芸Ⅰ
ファッションデザイン画Ⅰ/アパレル素材論Ⅰ/服飾デザイン論Ⅰ/ファッションビジネス概論
自由実習日
服装造形Ⅰ
1年次前期時間割

TOPICS

有志学生によるファッションショーを開催。

文化祭では有志によるファッションショーを開催し、一人ひとりが作品をデザイン・制作します。2018年のテーマは「サヨナラ、平成」。企画・演出はもちろん、ステージ設営や当日の会場運営までのすべてをやり遂げます。

Student’s CREATION

機能と美しさを 両立させるコート

真冬に着れるあたたかいトレンチコートをイメージした作品。厚手のウールで真冬でも暖かく、重ね着の上からでも羽織れるようなワイドシルエットに。厚手の生地はミシンをかけるのもひと苦労でしたが、お気に入りの作品に仕上がりました。

作者
千葉 幸さん
Ⅱ部服装科 3年
宮城県・気仙沼西高等学校 卒

主な授業

アパレル生産概論・演習(選択科目)
既製服の生産に必要な生産テクニックとシステムの構築を、演習を通じて学びます。一人ひとりの将来の目標に合わせて、選択できる科目も充実しています。
ファッションデザイン画Ⅰ・Ⅱ
服づくりの出発点であるデザインを、絵で表現することを習得するためのカリキュラム。人体のプロポーション、ポーズ、着装・彩色・素材表現など、基礎技法を高め、イメージを具体化する力を身につけます。
服装造形Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
1年次は、基本アイテムの制作を通して、服の構成と平面作図を学びます。2年次は、パターン展開や素材に合わせた応用を習得。3年次には、ドレーピングを加え、美しいフォルム、機能性のある服づくりを目指します。

将来の進路

II部服装科では3年間、夜間部という限られた時間の中で効率的に学び、幅広い服飾の知識と技術を習得します。その総合的な学びから、将来の就職には、縫製やパターンも含む技術・生産関連職や、企画・デザイン、販売など多くの職種への選択肢があります。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アッシュ・ペー・フランス/コム・デ・ギャルソン/三陽商会/四季/ジュンアシダ/松竹衣裳/ビームス/ファイブフォックス/ベイクルーズ/マッシュホールディングス/ミナ/ユナイテッドアローズ/レナウンほか

(株)ビギ

総合職

井手 雄規さん

(株)アンビデックス

パタンナー

太田 梓さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

服飾専門課程Ⅱ部(夜間) 服装科カリキュラムPDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら