商品企画から販売までブランドをプロデュースする力を。


商品企画から生産、販売に至るまでの専門知識を学びます。変化し続けるファッションマーケットを分析し、ブランドをトータルで運営できる人材を育成します。


授業概要

2年次

1年次に学んだ総合的な基礎知識・技術からさらに専門性を高め、企画から技術までをトータルに学びます。マーチャンダイジングやマーケティングなどの必須科目を中心に、アパレル造形の能力向上と関連分野の知識拡大を図りながら、ビジネスについても実務上のノウハウに踏み込んで学びます。

3年次

商品構成の幅を広げられるよう、ニット、カット&ソー、テキスタイルなどさまざまな角度からアプローチできるための造形力を養います。また、ビジネスの実務に必要となる商品計画から運営、実務、生産企画も学習。架空ブランドを立ち上げ、デザインから販売戦略までをリアルなシミュレーション形式で実習するなど、多岐にわたるマーチャンダイジング業務を実践的に学びます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
色彩計画Ⅰ アパレル造形Ⅰ マーチャンダイジング論Ⅰ デザイン文化
アパレル造形Ⅰ ファッションデザイン画Ⅱ グラフィックワークⅠ
アパレル造形Ⅰ アパレル素材論Ⅱ
特別講義Ⅱ アパレル造形Ⅰ ファッションマーケティングⅠ アパレル造形Ⅰ
生産管理概論 アパレル造形Ⅰ 英会話Ⅰ
2年次前期時間割

TOPICS

集大成はグループによる新規ブランド企画

グループワークでブランドの企画立案から生産、PR活動までの一連の流れを習得。トレンド情報やマーケティングを踏まえた商品企画は、実務に活きる知識と経験を育みます。

Student’s CREATION

シルエットで エフォートレスなスタイルを

モノトーンカラーとミニマムなシルエットで一見フォーマルな印象を持たせながらも、気取りすぎない「ゆるさ」を表現したコートとパンツ。裏地のパイピング仕上げやパンツの裏地の縫い付けなど、シンプルに仕上げるための細かな仕上げには気を使いました。

作者
飯田翔子さん
インダストリアルマーチャンダイジング科 3年
千葉県・市原八幡高等学校 卒

主な授業

アパレル造形・演習Ⅰ・Ⅱ
人体構造や運動機能、素材の特性を活かした平面・立体裁断のテクニックや、デザイン発想と表現力を身につけます。習得した知識と技術をもとに、架空のプライベートブランドを設定したアイテム制作も行います。
ファッションマーケティングI・II
アパレル業界におけるマーケティング業務を講義と実習により学びます。実際に市場に足を運び、トレンドを読み取る力を養うほか、計数管理を学んだうえでブランディングし、プレゼンテーション形式で発表します。
マーチャンダイジング演習・企画
マーチャンダイジング論をベースに、既存ブランドリサーチによるコンセプトと商品計画、企画立案を行い、ブランドマーチャンダイジングについて学びます。これらを元に自身の新ブランド立案・企画・演習につなげていきます。

将来の進路

変化し続ける市場を分析しながら、アパレル商品の新たな企画を提案し、ブランドを総合的にプロデュースしていく能力は、販売職の経験からステップアップしてバイヤーや営業など、ファッションを表現し、広く伝えていく職種で幅広く必要とされています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アッシュ・ペー・フランス/アダストリア/エイ・ネット/LVJグループ/ジュン(グループ)/TOKYO BASE/ビーズインターナショナル/ベイクルーズ/ヘネス・アンド・マウリッツ/ユナイテッドアローズほか

(株)ビギ

総合職

小田 佑衣子さん

(株)アンビデックス

営業職

畠山 陽多さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程
インダストリアルマーチャンダイジング科 カリキュラム
PDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら