TELLファッションを伝える
営業

商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

営業とは

自社の商品を流通させるマーケットを開拓するほか、得意先に新たなアイテムの提案をしたり売れ筋商品の補充を行い、これらの活動から得た市場のニーズを企業にフィードバックする役割を担います。
行動力と情報収集・分析力のほか、売上げやコストに対する意識、社内外の多くの人と接するコミュニケーションスキルが求められます。

営業はこんな仕事です

販売予算の作成や商品の納品、取引に関する請求書などの書類作成から、展示会等の準備や訪れた顧客の応対、取引先でのトラブル対応など幅広く担当します。小売業に商品を卸す企業では、得意先に取引をしてもらえるよう働きかけることが重要な業務。担当者を展示会に招き、発注してもらうことを目指します。自社のショップで商品を扱う場合は販売状況にスピーディに対応し、在庫をチェックして追加発注を行う仕事を担うこともあります。

営業になるにはこういうことを学びます

商品を流通させるためには、市場を分析する能力が不可欠。したがって、マーケティングやファッションビジネスなどについて学ぶ必要があります。また、企画提案をすることもあるので、服づくりの基本を把握しておくとよいでしょう。

営業が学べる学科

Ⅱ部ファッション流通専門課程(夜間部)

  1. ファッション流通科

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力