夏の2大イベント
夏の2大イベント
8月~学校説明会
8月~学校説明会
高校生ファッションデザイン画コンテスト
高校生ファッションデザイン画コンテスト
入試ページ
入試ページ
地域別相談会
地域別相談会
  • Home バナー

    Pick Up!

    • ファッションフェスティバル
    • コンテスト
    • 学校見学
    • 卒業生
    • 就職実績特設サイト
    • 入学相談
    • 100周年

東京の服飾・ファッション
専門学校の文化服装学院

BUNKA

セントマーチンズにパーソンズ……
世界に名だたるファッションスクールと 肩を並べて評価される「BUNKA」。
それは、日本はもちろん、 アジアの中で「No.1」の実績。
なぜ、文化服装学院は世界が認める ファッションスクールなのか。

文化服装学院で学ぶ理由

BUNKAの学生は一体何をしているの?

↓ 覗いてみよう! ↓

文化生がBUNKAを伝える唯一のメディア

「文化服装学院」と聞いたら何を思い浮かべますか?
憧れの場所?少し近寄り難い場所? 「BUNKAの学生は
一体何をしているの?」 propではBUNKAにまつわるさまざまな疑問の答えを、
学生自らが「リアル」な視点でお届けします!
学生生活の実態が気になる方は是非覗いてみてください!

就職先一覧(進路実績)

アダストリア、アーバンリサーチ、ALCATROCK、アンビデックス、アンダーカバー、イッセイミヤケ、LVMH、ロエベ ジャパン、オサレカンパニー、オンワード樫山、コム デ ギャルソン、ゴールドウイン、三陽商会、ザラ・ジャパン、四季、松竹衣裳、ZOZO、東京衣裳、TOKYO BASE、トゥモローランド、ナルミヤ・インターナショナル、ベイクルーズ、MARK STYLER、マッシュホールディングス、MIKIOSAKABE、ヤマトドレス、ユナイテッドアローズ、ユニクロ、ヨウジヤマモト、ワールド、独立系スタイリスト事務所など多数
▷詳細はこちら

学科紹介

服飾専門課程

服づくりの基礎から応用までを学びファッション全体を総合的に理解する。多種多様な専門分野が関連し合うファッション業界では、高い技術とともに、ファッションを総合的にとらえる幅広い視野が重要です。服装科は、2年間。大学・短大・高等専門学校の卒業者を対象にした服飾研究科では、基礎から応用までを、1年間で集中的に学びます。
▷詳細はこちら

ファッション工科専門課程

商品としての服づくりの知識とスキルを蓄え、企画・生産のスペシャリストになる。「商品」として服を量産するアパレル業界では、マーケティング、企画、デザイン、生産の工程で高い専門性が求められます。4年制ではアパレル業界のリーダーとなる人材育成を。3年制では基礎となる幅広い知識・技術を身につけ専門性を究めます。
▷詳細はこちら

ファッション流通専門課程

ファッション流通業界で活躍できるスペシャリストを目指し、専門的スキルを磨く。ファッションとお客様をつなぐ「流通」のプロセスには、ファッションを売る、魅力を伝えるためのスペシャリストが存在します。4年制では新たなファッションビジネスを創造できる人材育成を。2年制では基礎を習得したうえで各専門コースを究めます。
▷詳細はこちら

ファッション工芸専門課程

ファッションを表現するのに欠かせないテキスタイルとファッショングッズのプロへ。ファッションのベースとなるテキスタイルと、細部を彩るファッショングッズは、共に重要な要素であり、スペシャリストが求められます。帽子デザイン科、ジュエリーデザイン科、バッグデザイン科、シューズデザイン科の4学科で専門知識と技術を体系的に学びます。
▷詳細はこちら

Ⅱ部(夜間) 服飾・流通専門課程

夜間の学習となるⅡ部では、時間的制約の中でも効率的に学べるカリキュラム構成。3年制となるⅡ部服装科では、服づくりの知識や技術の習得を中心に、デザインからビジネスまでファッションを総合的に学びます。2年制のⅡ部ファッション流通科では、ファッションビジネスをはじめ流通に関する知識や技術を凝縮して学び、職種での活躍を目指します。
▷詳細はこちら

在校生の声

卒業生取材

よくある質問

A 授業のほとんどが実習ですので時間的な余裕は各科によっても異なります。
また、授業内で終わらなかった作業を提出期限に間に合わせるように自宅で課題を行うことも多く、作業効率によっても個人差があります。
アルバイトに関しては入学して3ヶ月くらい授業を受けてから判断してもらうのが良いかと思います。
アルバイトと両立している学生は多く、課題をしっかりとこなし知識・技術の習得を学生生活の最重要目標に考えつつ、
アルバイトで社会経験を積むことは就職活動時の大きなメリットになることも多いので内容なども吟味し、経験を積むと良いと考えています。
また、アルバイト以外にもインターンや学生同士で展示会を開催するなど意欲次第で学校外の活動と両立している学生もいます。
下記の在学生インタビューでは各科の特徴のほか、アルバイトなどの時間の使い方なども取材しています。
下記ページもご確認頂き、参考にしてみてください。

▶各科学生インタビュー:https://www.bunka-fc.ac.jp/realvoice2024/

▶流通科プロモーションコースの学生発メディア『prop』では課題などの放課後のライフスタイルを含め学生インタビューを行っています。
・ lifestyler(文化生のライフスタイルをインタビュー!):https://prop-bunka.com/lifestyle/

A 文化服装学院は世界に名だたる有名ファッションスクール(美術系大学のファッション学部)と肩を並べて評価されています。
海外のファッションサイトが発表している世界のファッションスクールランキングにおいて、
本学はアジアで唯一TOP10内などに選出されるなど世界的な評価を頂いている学校です。
客観的な評価であるファッションスクールランキングで世界の有名美術大学のファッション学部と肩を並べ、日本においては
文化学園大学などの服飾系大学ではなく、専門学校である文化服装学院が世界のファッションスクールのTOP校として評価を受けています。
わが校は、世界で活躍するデザイナーを数多く輩出しているほか、ファッション業界からの信頼も厚く、
数えきれないほどの卒業生を送り出しており、その質と学習環境においてはどの大学にも引けをとりません。
また、大学と比べ、専門職種に対する実習時間数が圧倒的に多く、大学の学びとは大きく異なります。
尚、文化学園大学と迷われている場合は授業環境が異なり、授業を通しての学生間の交流はありませんのでそれぞれの学校を調べ、
ご自身がどちらの学校に合っているかをご検討下さい。

▶文化服装学院が世界で評価される理由:https://www.bunka-fc.ac.jp/about/

▶海外のファッションスクールランキング参照サイト:
https://www.bunka-fc.ac.jp/ct-college/25142/
https://www.bunka-fc.ac.jp/ct-college/19490/
https://www.bunka-fc.ac.jp/ct-college/12818/
https://www.bunka-fc.ac.jp/ct-college/5686/

A 文化服装学院の学科詳細に関しては入学案内書や本サイトの学科を参照ください。
各科によって学ぶ内容が大きく違うので来校型イベントでの個別相談もおススメしています。
また、入学対象学科の在学生インタビューでは各科の特徴や制作作品、
アルバイトなどの時間の使い方など代表学生のインタビューを掲載しています。
下記、該当ページもご確認頂き、コース選びに活用下さい。

▶各科学生インタビュー:https://www.bunka-fc.ac.jp/realvoice2024/

A 文化服装学院の学生の約30%が、大学や短大とのWスクールや卒業後、または社会人を経験されて入学されている方です。
授業カリキュラムは長年の実績の通り、ファッション業界で活躍するための知識と技術を習得する専門カリキュラムです。
国内外のアパレルブランド・企業で活躍したい方々のご入学をお待ちしております。

▶大学・社会人からの入学者インタビュー:https://www.bunka-fc.ac.jp/prospectivestudent/college-adult/

A ファッション業界は、つくる仕事、伝える仕事、売る仕事……
さまざまな職業から成り立っています。
文化服装学院の卒業生はファッションデザイナーやパタンナー、生産管理、衣装制作、スタイリスト、ショップ経営、バイヤー、プレス、
ショップスタッフ、モデル、テキスタイル関連、帽子・ジュエリー・バッグ・シューズの小物関連職種など様々な職種で活躍しています。
また、ファッションメディアに登場する多くの有名人も多数輩出しています。
下記の各コンテンツの文化服装学院の卒業生の取材動画や記事をご覧頂けます。

▶国内外で活躍する文化服装学院 卒業生特集:https://www.bunka-fc.ac.jp/careers/bfc-graduate/

入学希望者のためのイベント・オープンキャンパス情報

[2024〜2025のイベント]


メディア掲載情報

 
資料請求 受験生向けイベント情報 TOPへ