MAKEファッションを作る
サンプルメーカー(縫製)

高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる

サンプルメーカー(縫製)とは

商品化する前段階の見本(サンプル)を作ります。サンプルを作ることではじめて服として形になります。このサンプルの段階で服として問題が無いかチェックします。
また、サンプルメーカーはコレクションで発表されるよう一点ものやコスチュームを縫う事もあります。どんな素材でも正確に綺麗に縫うためのに、あらゆる素材の特徴、高い縫製技術が必要となります。

サンプルメーカー(縫製)はこんな仕事です

サンプルメーカーを目指すのに必要なのは縫ったりする細かい作業が好きな事。服を形にするためには布を裁断することから始まりミシンで縫い(場合によっては手で縫うことも)、ボタンなどの附属品を付けたりと本当に手間と時間がかかります。素材によっては縫うのが難しくなかなか思うようにならない事もあります。縫製方法が色々とあり技術を身につけどんな服を縫うために多くの経験を必要とします。

サンプルメーカー(縫製)になるには、こういうことを学びます

素材やデザインによる縫い方の違いや、効率よく縫うための順序など、実際に服を縫っていくことで縫製のさまざまなテクニックを身につける必要があります。ミシンでの縫製が基本となりますが、場合によっては手で縫うこともあります。

サンプルメーカー(縫製)が学べる学科

ファッション工科専門課程

  1. ファッション高度専門士科
  2. アパレル技術科

ファッション工科専門課程

  1. 服装科

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力