MAKEファッションを作る
コスチュームデザイナー
(舞台衣装・ウェディング)

衣装やドレスでその場面を彩り、人々を魅了

コスチュームデザイナーとは

バレエ、ダンス、演劇、舞台、音楽ライブや映画などの衣装を製作する仕事です。ウエディングなどのドレスのデザイナーはオーダーやセミオーダーなどで受注し、製作します。

コスチュームデザイナーはこんな仕事です

バレエや舞台の衣装、ウエディングドレスなどを扱う専門的な企業の場合はデザイナーや製作などの役割に分かれ、オリジナルデザインの衣装やドレスを製作し、販売。一点ものの衣装やドレスなどの場合は依頼元の希望を聞き、オリジナルデザインを提案、製作までを一人で請け負い、衣装デザイナーとして活躍する人もいます。

コスチュームデザイナーになるにはこういうことを学びます

既成概念に捉われない服をデザインする際の発想力のほか、既製服と違って、製作における刺繍や装飾における細かなテクニックや知識がとても重要です。また、衣装デザイナーとして、一人で製作までを行う場合は、依頼者とのコミュニケーション能力やタイトなスケジュールでの製作など、企業と異なる仕事へのスタンスを理解することも大切です。

コスチュームデザイナー
(舞台衣装・ウェディング)が学べる学科

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力