Q1.この科の特徴は?

セールスワークに関するあらゆる知識や技術を学び、実践を通して自分のものにしていきます。特にセールスコーディネートの授業では、仕事で役立つ知識がたくさん学べます。私は以前にアパレルで販売員のアルバイトをしていたことがあるのですが、その頃はスタイリングの提案を感覚的に行なっていました。この授業では体型ごとに似合うシルエット、そして、その“理由”を理論的に学んでいきますが、まさに目から鱗が落ちる思い。理論がわかったことで、お客さまに説明するときにも説得力が生まれました。また、この科で勉強すれば、人前で話すことが苦手な人も、卒業する頃には大勢を前にしても臆せず話せるようになっていると思います。私自身、人前では緊張してしまう性質なのですが、授業内でのスピーチやプレゼンテーションの経験を重ねるうちに、人前に立つことへの抵抗感が薄れていきました。そして、ポイントを押さえて話すコツも覚え、今では知らない人を前にしても堂々と話せるようになっています。
 

Q2.文化服装学院を選んだ理由は?

私は中学生の頃から服が好きで、将来は服飾の道に進もうと考えていました。さまざまな学校のオープンキャンパスに参加しましたが、文化を見学したときは、その活気ある雰囲気と、購買や図書館などの施設が充実しているところにまず惹かれました。さらに文化祭ではファッションショーの迫力に圧倒され、私もこのショーに携わりたいと感じたことが後押しとなり、文化に入学することを決めました。この科を選んだきっかけは、高校生のときにお小遣いをため新幹線に乗って初めて訪れた、憧れのコムデギャルソン青山本店での体験です。そこで私はブランドの顔として自信に溢れた表情で接客する販売員の方に出会い、彼女の真摯な対応や細やかな配慮に感銘を受け、販売員という仕事を目指すようになりました。卒業後は、念願のコムデギャルソンの販売員に就職することが決定!この人に接客してもらって服を買いたい、と思ってもらえるようなプロの販売員を目指します。
 

Q3.好きな授業は?

接客応対スキルの授業です。授業の始めには、先生が最近気になっているニュースについて教えてくれるのですが、それがすごく面白くてためになるので、毎回とても楽しみにしています。授業内容は、座学で知識を学ぶというよりは、裾上げや精算の仕方など実践的なものが多く、クラスメイトと協力しながら楽しく勉強しています。
 

Q4.学生生活で一番力を入れたことは?

先輩・友人の作品撮りの撮影やファッションショーで、モデル活動を頑張りました。人前に出ることがあまり得意ではなかったのですが、せっかく声をかけてもらったのだからと気持ちを切り替えて挑戦。初めはとても緊張したのですが、やっていくうちに楽しくなり、自分に自信が持てるようになりました。それから体型維持のための筋トレやウォーキングにハマって、毎日欠かさずに行なうように。また、夜には食べないようにし、調味料もできるだけ体に良いものを選ぶなど、食事にも気を付けるようになって生活がガラっと変わりました(笑)。モデル活動を通していろんな人と関わるうちに、初対面の人とのコミュニケーション能力も随分磨かれたと思います。モデルを頼まれたときにためらっていた私に「もったいないよ、やった方がいい!」と言って励ましてくれた友達には、とても感謝しています。
 

Q5.1日を円グラフで表すと?

1日のスケジュール
その日に出た課題は、その日のうちに取り掛かるようにしています。課題が多い週はすべてをその日中に終わらせるのは難しいけれど、少しでも手をつけておけば後々スムーズに進めることができます。家が好きなので休みの日には家に籠っていますが、今は部屋を自分好みにするのに夢中。雑誌から好きなブランドの写真を切り取って壁にコラージュしたり、花を飾ったりと、居心地の良い空間になるように工夫しています。編み物も好きなので、毛糸でクッションカバーを編んだりしてリフレッシュしています。
※取材内容は2022年3月時点のものです。