Q1.この科の特徴は?

4年間を通して、服自体のこと(服の構造やファッション史)から、服を売ること(MDやマーケティング、販売知識)、服を取り巻くイメージ(PRや広告戦略)、そして服を着る人が生きる社会や世界のこと(国際政治や文化人類学)まで幅広く学び、グローバルな視点を養います。好きな分野の専門性を極めることもできるので、自分次第で職業選択の幅がどんどん広がります。ただ理論や概念を学ぶだけでなく、業界の第一線で活躍する講師陣が現場で得た貴重な知識を教えてくれることも、大きな魅力だと思います。そしてこの科最大の特徴は、3,4年次の授業の“マイビジネスプロジェクト”。1,2年時から下準備をはじめ、バラエティー豊かな授業やインターンシップ活動で学んできたことをすべて注ぎ込み、現実的な視点を持って、具体的なビジネスプランを構築します。すべての授業は、このプロジェクトにつながっているのです。授業の中では、自分の本当にやりたいことは何なのかを常に考えさせられます。学びながら好きなことを見つけ、自分自身のことも見つめ直して掘り下げることができるので、ひとりの人間としても大きく成長できると思います。
 

Q2.文化服装学院を選んだ理由は?

文化が日本でトップクラスの服飾専門学校であることは知っていました。その上で実際に学校を訪れ、文化祭を見たときに、活気ある学生や学校の雰囲気に惹かれ、文化に入学することを決めました。最初はスタイリストを目指してファッション流通科に通い、卒業後に海外留学することを考えていたのですが、病気で休学することに。治った後も5年間は、経過観察のために国内にいなければいけないということになりました。そこで、日本で勉強しながらグローバルに活躍できる人間になろうと思い、この科に再入学することを決意。文化で自分のキャリアをより深く見つめながら勉強した結果、ブランドマネージャーとして就職が決まり、やりたいことを実現するスタートラインに立つことができました。
 

Q3.好きな授業は?

この科は授業の種類も多く、どれも興味深いので、好きな授業を絞り込むのは難しいのですが、2年次のデザイン論、3年次の美学、4年次の現代社会とファッション/国際政治学の授業が特に好きでした。理由は、デザインやファッション、アートの変遷、それらが歴史や社会とどうリンクしてきたのかについての理解がさらに深められるから。私は高校で国際学科にいたので、元々国際情勢や歴史的な出来事に関する知識はありました。でも、これらの授業を受けたことで、ファッションやアートとどう結びついてきたのかを知り、それまで何気なく見ていたファッションやカルチャーを、その背景にある文脈も含めてより深く理解できるようになりました。そのおかげもあって、今ではファッションの面白さがこれまで以上に感じられるようになりました。
 

Q4.学生生活で一番力を入れたことは?

この4年で、私はいろいろなインターンに挑戦しました。まず1年次にはイベント企画会社でのインターンを経験。当時は今ほどメジャーではなかった、エシカルファッションを主題にしたイベント、そして大学生向けのアパレルキャリア紹介イベントなどの企画に携わりました。2年次は国際ファッション産学推進機構の方とのつながりで、越境EC(国や地域をまたいだオンラインショッピング)でインターン。外国人の上司の下、リモートで仕事をしたのですが、コミュニケーションはすべて英語だったので、ビジネス英語を勉強する良い機会になりました。3年次はファッションディレクターのアシスタントに挑戦。そこではSNS分析やイベント企画、スタイリストアシスタントなどいろんな仕事をしましたが、ファッションの豊かさに気付いたと同時に、自分の知識不足を実感させられて悔しい思いもしました。インターンの現場には、座学では得られない大きな学びがあります。学校で学んだことが実践できたり、インターンでの経験が学校の課題のヒントになったりと、学業と連動していると感じることも。体力的に大変だったときもありましたが、積極的にインターンに参加して本当に良かったと思います。
 

Q5.1日を円グラフで表すと?

1日のスケジュール
この4年間で睡眠の大切さを学んだので、最近はできるだけ6時間以上は寝るようにしています。睡眠時間を確保するため、電車での通学時間に課題を進めたり、就職先の課題図書を読んだりと効率的な時間の使い方も覚えました。アルバイトでは、オーストラリア雑貨販売のお手伝いをしています。老若男女問わず様々なお客さまとの会話はもちろん、設計やプロダクトデザインなど、アパレル以外のクリエイティブワークに携わるプロの方から聞く異業種の話がとても楽しいです。休みのときは、関東近郊の古着屋やカフェ巡りをしてリフレッシュしています。
※取材内容は2022年3月時点のものです。