閉じる

卒業後の進路

服飾・アパレル・ファッションを「作る」
服飾・アパレル・ファッションを「伝える」
服飾・アパレル・ファッションを「売る」
マーチャンダイザー
高度な分析力で戦略を立て、ブランドやショップを成長に導く
グッズデザイナー
「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ
ファッションデザイナー
センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を
パタンナー
的確なパターンメーキングで、デザイン画を「服」というカタチへ
サンプルメーカー(縫製)
高い縫製技術で、どんな服も実際の形に作り上げる
生産管理
確かな知識を質のよい既製服につなげ、装う楽しみを多くの人へ
品質管理
品質への徹底したこだわりで、企業・ブランドの「信頼」をつくる
テキスタイルデザイナー
生地づくりの豊富な知識と技術で、服やアイテムの完成度を高める

閉じる

バイヤー
先見性と選択眼で、「時代をつくる」アイテムをセレクト
スタイリスト
作品の世界観をファッションで表現し、その魅力を高める
メイクアップアーティスト
ファッションと表情とを調和させ、対象者をより魅力的に
ファッションモデル
美しいプロポーションと表現力で服を着こなし、流行をリード
広報・プレス
スキルと人脈を駆使し、企業・ブランドの魅力を多くの人に伝える
営業
商品流通の場と機会を増やし、企業の成長にダイレクトに関わる

閉じる

VMD
センス良く効果的な演出で、ショップ・ブランドの魅力をアピール
販売
センスとコーディネート力で、「納得のお買いもの体験」を提供

閉じる

センスと表現力を武器に、ファッションシーンに新たな風を

ファッションデザイナーとは

デザイナー1ブランドのコンセプトやターゲット、その時々の流行などを踏まえて服の企画を練り、デザイン画を描きます。縫製仕様書や指示書を作成して、服を製造するメーカーなどに指示を出すこともあります。
また、コスチューム(舞台衣装・ウェディングドレス)などを専門にデザインすることもあります。 センスとアイディア力、オリジナリティが必須のクリエイティブな職種である一方、素材やパターン、製造工程についての知識も求められます。

ファッションデザイナーはこんな仕事です

デザイナー2企画に基づき、素材となる生地やその色はもちろん、ボタンなどの付属物についても具体的にイメージし、デザイン画で表現。製造にも指示を出し、サンプル服が仕上がってきたらチェックして、よりイメージに近づくよう調整を加えることもあります。
総合アパレルメーカーに所属してチーム作業を経験した後チーフデザイナーになる、著名デザイナーのアシスタントを経てオリジナルブランドを立ち上げるなど、さまざまなキャリアパスが考えられます。

この仕事のやりがい

デザイナー3自分のセンスや独創性を形にして発信する、まさにファッションの花形といえる仕事です。時代にマッチする表現はファッションシーンに革新をもたらし、時にトレンドを大きく変えてしまうことさえあります。

ファッションデザイナーになるには、こういうことを学びます

デザイナー4服をデザインする際に発想力は大切ですが、売れる服をデザインするためにはデザイン画を描くテクニックや服を形にするための知識、人間の体の動きや素材についての知識など、さまざまなことを学ぶ必要があります。また、デザインのヒントを見つけるためには、ファッション以外の世の中のトレンドに常に興味を持つことも重要です。

ファッションデザイナーが学べる学科

PAGE TOP