MAKEファッションを作る
グッズデザイナー・製作
(帽子・バッグ・シューズ)

「デザイン性×機能性」を実現する、技術・知識とセンスがカギ

グッズデザイナーとは

靴やバッグ、帽子などのファッショングッズを、トレンドを踏まえて企画・デザインする仕事。製作までを手掛けることもあります。
流行を取り入れる意識やセンスのほか、デザイン性と機能性をバランス良く両立させるスキルが重要。そのため、素材特性への理解とクラフトワークの技術、人間工学の知識も求められます。

グッズデザイナーはこんな仕事です

仕事に取り組む際のポイントは、ものづくりのこだわりと、「魅力的な商品として消費者に評価される」ことへの意識をいつも合わせ持つこと。まず、流行や市場の動きを分析して商品を企画します。次に、デザイン画を描いて色や素材を決め、サンプルを製作。この時、自分のイメージをカタチにするだけではなく、身につけて痛みや違和感はないか、グッズとして使いやすいかも確認します。納得のいく仕上がりになったら、商品製作を工場などに発注します。

グッズデザイナーになるにはこういう事を学びます

グッズデザイナーは、帽子デザイナー、バッグデザイナー、シューズデザイナーなどそれぞれの専門に分かれデザインしていきます。自分がなりたい専門の基本的な知識と技術をしっかりと学びます。機能的であり魅力的な商品を生み出していくためのノウハウは、実際に制作していくなかで身につきます。作った作品の数だけ素材の特性や加工方法など学ぶことができます。

グッズデザイナー・製作
(帽子・バッグ・シューズ)が学べる学科

先輩の体験から学科を探す

科の特徴やそれを選んだ理由、身につくスキル、将来の目標、 1日のスケジュールなど、それぞれの科を代表する先輩に話を聞きました。
ぜひ参考にしてください。

Real voice of bfc student

先輩が教えるこの科の魅力