より速く、より多く。効率的な製造技術と管理手法を学ぶ。


既製服の製作に重点をおき、量産のための技術と生産管理について専門的に学びます。生産システムのプロフェッショナルとして海外での活躍の道も。


授業概要

既製服を量産することを念頭においたプロダクトデザインや、可縫製を考えた工業パターンメーキング、マシンメイドによる生産効率の高い縫製に重点をおいた服づくりを学びます。現場で使用される生産管理マシンを用いたグループシミュレーション実習では、既製服を製造するための技術と管理手法を実体験。品質チェックや不良品に対するプロセス確認・改善方法、アパレルメーカーにおける製品企画や生産計画、縫製工場での製造システムの企画・管理まで、既製服の生産管理に必要な考え方を総合的に学びます。海外生産形態への対応を考えた貿易実務なども含め、管理業務全般における高い専門性を身につけます。

時間割の一部紹介

曜/時限 19:20-10:50 211:00-12:30 313:30-15:00 415:10-16:40
パターンメーキングⅡ コンピュータワーク (生産管理) コンピュータワーク (生産企画) 卒業研究・創作
パターンメーキングⅡ 生産管理各論 製品企画 英会話Ⅱ/ フランス語Ⅱ/中国語Ⅱ パターンメーキングⅡ
A:ニット生産実習 B:パターンメーキングⅡ
A:縫製研究/企画デザイン研究/工場生産研究 B:パターンメーキングⅡ 生産管理各論 製造企画 アパレル貿易実務
生産管理各論 生産企画 CADグレーディング CADパターンメーキングⅡ
前期時間割(A・Bは隔週交代授業)

TOPICS

モノづくりの現場をいち早く体感

製品としてのモノづくりを知るため、工場見学や機器展示会見学を重点的に行っています。

Student’s CREATION

自分で織った 裂き織り生地でつくるスーツ

スーツの課題として制作したモスグリーンのジャケットとスカート。質感が出やすい裂き織り生地は、自分で織ったもの。さらに衿元などには、刺し子刺繍で「苔」を表現しています。生地からパターン、縫製まですべて自分でつくることで納得いく作品ができたと思います。

作者
近藤紗希さん
アパレル技術科 3年
生産システムコース
新潟県・万代高等学校 卒

主な授業

CADグレーディング
アパレルCADを利用したパターンメーキング・工業パターン作成はもちろん、大量生産に必須のグレーディング(サイズ展開)の知識と手法を、多様なアイテムでの実習から学びます。
アパレル貿易実務
海外でのアパレル生産や貿易取引の実務に加え、海外流通事情、経済・社会情勢も学び、プロとして必要な貿易実務の基礎知識と関連専門用語を習得します。
卒業研究・創作
3年間の集大成として各自でテーマを設定し、1年間かけて作品を制作。スケジュール管理から外部への協力依頼までを組み立て、プレゼンテーションと展示を行います。

将来の進路

生産管理の専門知識を活かし、アパレルメーカーや縫製工場での管理者や企画としての就職や、生産管理の知識と技術を持ったアパレルCADによるパタンナーやグレーダーとしての活躍も可能です。生産現場の国際化に伴い、海外での活躍も期待されています。

主な就職先

※ (株)(有)省略

アイア/エドウイン/オンワード樫山/TATRAS JAPAN/TSI・プロダクション・ネットワーク/田村駒/ファイブフォックス/フランドル/マツオインターナショナル/マツオカコーポレーション/ルネサンスほか

TATRAS JAPAN(株)

企画

近藤 紗希さん

(株)ホシノ

生産管理

露嵜 幸祐さん

主な職種

学生インタビュー

カリキュラム

ファッション工科専門課程
アパレル技術科生産システムコース カリキュラム
PDF

BUNKA FASHION COLLEGE SCHOOL GUIDE

2020年度入学案内書はこちら