閉じる

帽子・ジュエリーデザイン科

立体的な造形技術を生かすクリエーターを育てます。

修業年限 ファッショングッズ基礎科を含めて 3ヵ年 / 定員 30名

ファッショングッズの中でも、コーディネートの最後の決め手となる帽子とアクセサリーを専門に、造形感覚を磨いて新しいアイテムを提案できるクリエーターを目指します。

授業概要

【2年次】
ファッショングッズ基礎科で身につけた総合的な力を元に、帽子とジュエリーを中心に手袋やコサージュ、ベルト、指輪、ペンダント、ブローチなど多彩なグッズを学びます。各アイテムの材料の扱い方を理解するとともに、素材を生かしたデザインの展開をしていきます。知識や技術とともに、デザインをトータルコーディネートできる力を育む一方で、企業や市場の動向に即した企画・製作を考えるマーケティング手法を学び、プレゼンテーション能力もつけていきます。
【3年次】
基礎的な技法から応用へ展開していき、洋服をよりひきたてる造形と、それに伴う技術を習得します。専門の業態への就職をふまえ、帽子とジュエリーのどちらかを選択します。学生の興味や将来の計画に合わせて、作る力とともに、社会人として業界で対応できるビジネスコミュニケーション能力も身につけます。

将来の進路

帽子・ジュエリーなどのグッズメーカーやアパレル小物部門での企画・デザイン職が中心です。デザイン職の場合でも、顧客ニーズを知るために販売経験を求められるケースが増える傾向です。また、クラフト教室を開設したりアトリエを構えるケースもあります。

主な就職先 ※ (株)(有)省略
A STORY TOKYO/ウィーブトシ/エクミス/栗原/ケー・エム・アール/デプトカンパニー/ナカシマ/bona art studio 

時間割の一部紹介

2年次前期時間割

                         
1234
9:20〜10:5011:00〜12:301:30〜3:003:10〜4:40
造形デザインⅠ ハンディクラフトII 帽子 I
帽子Ⅰ ファッショングッズデザイン画Ⅰ デッサンII
(A)染色演習 / (B)アートフラワー 
ファッションマーケティング ファッショングッズデザイン画Ⅰ ジュエリーI
グラフィックワークⅡ ジュエリー I 

※(A)(B)は隔週交代授業

主な授業

  • 【帽子】

    平面パターンの展開から、立体裁断や木型を使用した立体造形を習得。技術力とデザイン力をつけます。皮革や毛皮、レースなどのオートクチュール的な素材も手がけ、商品価値のあるパターンや製作方法も学びます。

  • 【ジュエリー】

    銀や銅などのメタルを使用し、鍛金、鋳金、彫金など各種金属技法を学びます。カジュアルなリングやペンダントから、石を使ったきらびやかなジュエリーまで製作実習します。

  • 【ハンディクラフト】

    スモッキングやタッキング、キルティングなどの布地の加工方法や、マクラメ、各種レースなどの装飾技法を習得します。

  

帽子・ジュエリーデザイン科カリキュラム

Real Voice of bfc student

新しい入学案内書はこちら
※入学案内書には学科情報・就職実績などの学校詳細が記載、送料無料でお届けします。

PAGE TOP