閉じる

技術専攻

高い応用力を備えた技術者を養成。

完成度の高いパターンメーキングと縫製技術を持つ技術者の養成を目標としています。テーマ別製作演習をとおし、あらゆるデザイン・シルエットを自在に表現する能力を習得します。

授業概要

パターンメーキング、ソーイング、ドレーピングの技術向上とともに、工業パターンメーキングについても学習。その扱いが技術上の重要な要素となるテキスタイル素材、年々進化していく生産システムや機器についても演習をとおして知識と応用力を深めます。さらに業界のしくみ、商品企画などに関する学習も行います。

将来の進路

生産技術関係からの需要が高く、その中でもパタンナーとしての就職が最多となります。他にも高級プレタ製品のサンプル品の縫製、CAD・CAMオペレーターや生産管理などもあります。

主な就職先 ※ (株)(有)省略
アズノゥアズ/アンビデックス/エイ・ネット/エドウィン/エフリード/オールスタイル/ゴールドウィン/東京ソワール/ファーストリテイリング/ヤマトドレス/ルック 他多数

時間割の一部紹介

前期時間割

1234
9:20〜10:5011:00〜12:301:30〜3:003:10〜4:40
服装造形生産システム論服装造形
服装造形(A)CADパターンメーキングⅠ/ (B)服装造形
服装造形 
服装造形ファッションマーケティング服装造形
服装造形(A)選択科目 / (B)服装造形 

※(A)(B)は隔週交代授業

主な授業

  • 【服装造形III】

    パターンメーキング、ソーイング、ドレーピングなどについて、工業用ボディなどを用いて実社会でも通用するより高度な知識と技術を習得します。

  • 【CADパターンメーキングI】

    アパレルCADによるパターンメーキングの特性とメリットを理解して、オペレーション手法を基礎から順次習得し、応用に発展させます。

  • 【量産技術実習II】

    クラス内で会社組織を設立し、アパレル生産プロセスに基づいて、企画した製品の組織的生産活動を実習します。

  

服飾専攻科技術専攻カリキュラム

新しい入学案内書はこちら
※入学案内書には学科情報・就職実績などの学校詳細が記載、送料無料でお届けします。

PAGE TOP