閉じる

服飾研究科

1年間で、服づくりの専門知識と技術を身につけます。

修業年限 1ヵ年 / 入学定員 80名
1ヵ年修了後服飾専攻科、ファッション流通専攻科に進学可能。服装科2年へ編入も可能

大学、短大、高等専門学校の卒業者に向け、1年の短期間でファッションの専門知識と技術を学ぶために設けられています。短期間に多くのカリキュラムを実習しますので、かなりハードな授業になります。

授業概要

ここでは、デザイン発想、イメージ表現、平面・立体裁断によるパターン展開、素材に適した縫製、コーディネート、アパレル素材としてのテキスタイル知識、さらにマーケティングに基づく商品企画と既製服生産システムなど、デザインの発想から生産までの全過程の理論と技術を実践的に学びます。

将来の進路

当科はファッション業界各業種での総合的な企画・専門職などの知識や技術に加え、一般教養を必要とする部門の人材として高い評価を得ています。

主な就職先 ※ (株)(有)省略
アンダーカバー/アンビデックス/コム・デ・ギャルソン/四季/ジュン(グループ)/ノーリーズ/ビギ/フーシーズ/ヨーガンレール 他多数

時間割の一部紹介

前期時間割

1234
9:20〜10:5011:00〜12:301:30〜3:003:10〜4:40
服装造形ファッションビジネス概論西洋服装史
服装造形服飾デザイン論 I
服装造形 
アパレル素材論Ⅰ服装造形
服装造形/量産技術実習Ⅰファッションデザイン画 I選択科目 

主な授業

  • 【服装造形I・II】

    平面裁断、立体裁断の両面からパターンメーキング、縫製技術の能力を養うとともに、基本アイテムから応用までを段階的に学び、服づくりの知識と同時に、クリエーティブな作品製作をとおして豊かな感性を身につけます。

  • 【量産技術実習I】

    前期、生産管理概論で既製服生産の効率や製品としての品質追求について学びます。後期では、実際に現場で使用されている機器を使用し、シャツの制作実習を通して、製造工程や方法を学習します。

  • 【ファッションデザイン画I】

    あらゆる職種において欠かすことができないデザイン画の技法を、人体のプロポーション、顔や手足などのディテールの描き方、着装した衣服の彩色による表現方法など、基本的なことから学習します。

   

服飾研究科カリキュラム

Real Voice of bfc student

新しい入学案内書はこちら
※入学案内書には学科情報・就職実績などの学校詳細が記載、送料無料でお届けします。

PAGE TOP