閉じる

ファッションテキスタイル科

ファッション素材を一からつくる、技術と知識を養います。

修業年限 3ヵ年 / 入学定員 30名

ファッション衣料素材=テキスタイル。ファッションテキスタイル科は、人が身につけるファッション素材の染・織・プリントなどのテキスタイルをクリエートできる人材を育成します。

授業概要

【1年次】
各種染色と基本的な織りの専門的知識・技術を実習により修得します。また服の構成要素および身体と布の関係を、服の製作実習をとおして学びます。同時に基本的な美的感性・デザイン発想力とその表現能力の養成にも力を入れます。テキスタイルの各種原料や組織・加工方法とデザインの関係を徐々に理解していきます。
【2年次】
テキスタイル製作の各工程・技法を、いろいろな機器を用いた製作演習で本格的に深く掘り下げていきます。また織り柄・プリント柄など、テキスタイル独自のデザインを勉強。さらにトレンド素材やファッション動向などを踏まえた商品企画の演習に入ります。
【3年次】
業界での実務に即し、生産工程や生産コスト、販路まで考慮に入れたプランニングをシミュレートします。また、学生個々に商品としての目的を定めたオリジナルテキスタイルを企画。製作技術面では個々の方向性を絞り込み、オリジナル作品の製作をとおして専門的応用力と創造性を強化します。

将来の進路

生地メーカー、繊維商社、テキスタイル企画会社、アパレルメーカーなどでのテキスタイルデザイナーが中心。ファッション小物のデザインや企画なども選択可能な分野です。

主な就職先 ※ (株)(有)省略
イトキン/ゴールドウイン/相和プリント/野村製作所/P.R.N.Japon/トッズ・ジャパン 他

時間割の一部紹介

1年次前期時間割

1234
9:20〜10:5011:00〜12:301:30〜3:003:10〜4:40
グラフィックワークⅠ デッサン 服飾造形I
染色演習 ファッションビジネス概論 服飾手芸
(A)ドレーピングI/(B)テキスタイルクリエーション 
ウィービング基礎演習 ファッションデザイン画Iアパレル素材論 アパレル素材論
西洋服装史 色彩論・演習Ⅰ 自由研究/キャリア開発Ⅰ

※(A)(B)は隔週交代授業

主な授業

  • 【染色演習】

    糸や布を染める際の基本的知識と方法を実験・実習により習得し、それぞれの特性を把握します。とくに素材と染料・加工法の相性や、発色などの効果を理解し、求める色や風合い・デザインを実現させる能力を養います。

  • 【プリントデザイン演習】

    服地としてのプリント生地のデザイン・製作演習を行います。シルクスクリーンからコンピュータを使用したデジタルプリントまで各種技法を経験し、柄のデザイン性と素材ごとに最適な技法を活用できる能力を養います。

  • 【ウィービング基礎演習、ウィービングデザイン演習】

    基礎演習、演習Ⅰでは手織り機を使用し基本的な織物の技術と知識を学びます。Ⅱでは、実際に生産現場で用いられているドビーやジャカードなどの自動織機による製作演習までを行います。

  

ファッションテキスタイル科カリキュラム

Real Voice of bfc student

新しい入学案内書はこちら
※入学案内書には学科情報・就職実績などの学校詳細が記載、送料無料でお届けします。

PAGE TOP