閉じる

インダストリアルマーチャンダイジング科

ファッションマーケットを解析し、プロデュース力を身につけます。

修業年限 ファッション工科基礎科を含めて 3ヵ年 / 定員 60名

ファッション業界では、ビジネスモデルとともに企業のあり方、考え方も変化しブランドを総合的に総括できる人材が求められています。アパレルの企画、デザインから流通における販売戦略までをトータルに学習し、多方面の知識や技術を学びます。

授業概要

【2年次】
2年次は必須科目を多くし、アパレル造形の総合的な能力向上と関連分野の知識拡大をはかりながら、ビジネスについても実務上のノウハウに踏み込み、業界の基礎知識をトータルに学び、自分の専門を見つけます。
【3年次】
3年次では自分の専門を深めるためにアパレル造形の専門科目の中で、ニット、カット&ソー、CADパターンメーキング、服装解剖学、テキスタイルなど、異なる角度からのアプローチができるよう選択科目が組まれています。 ビジネスについては実務上のノウハウとともに、マーチャンダイジング論・演習でアパレルにおけるマーチャンダイジングの計画、運営、実務を学びます。それに加えて生産企画を学び、マーチャンダイジング業務をより深く学べるようになっています。

将来の進路

目指す職種はアパレル総合企画職および営業・販売職です。流通・販売戦略までを統括しながら企画、デザインできる人材を育成します。カリキュラムが幅広く、アパレルメーカーのさまざまな職種が視野となります。

主な就職先 ※ (株)(有)省略
アッシュ・ペー・フランス/アトリエヨシノ/インセクトシールドジャパン/ロエベジャパン/ザラ・ジャパン/JON/ベイクルーズ/福助/ヘネス・アンド・マウリッツ/マークジェイコブスジャパン/レッセ・パッセ 他

時間割の一部紹介

3年次前期時間割

1234
9:20〜10:50 11:00〜12:30 1:30〜3:00 3:10〜4:40
アパレル造形ファッションマーケティングⅠデザイン文化
アパレル造形 アパレル素材論Ⅱ マーチャンダイジング論Ⅰ アパレル造形
ニットアパレル造形Ⅰ グラフィックワークⅠ
生産管理概論色彩計画Ⅰアパレル造形
アパレル造形 ファッションデザイン画Ⅱ キャリア開発Ⅱ
  

主な授業

  • 【アパレル造形論/演習Ⅰ・Ⅱ】

    人体構造や運動機能、素材の特性を活かした平面・立体裁断のテクニックや、デザイン発想と表現力を身につけます。

  • 【ファッションマーケティングI・Ⅱ】

    アパレル業界におけるマーケティング業務を講義と実習により学び、実際に市場に足を運び、トレンドを読み取る力を養います。

  • 【マーチャンダイジング演習・企画】

    マーチャンダイジング論を元に、既存ブランドリサーチによるコンセプトと商品企画、企画立案を行い、ブランドマーチャンダイジングについて学び、自身の新ブランド立案・企画・演習につなげていきます。

  

インダストリアルマーチャンダイジング科カリキュラム

Real Voice of bfc student

新しい入学案内書はこちら
※入学案内書には学科情報・就職実績などの学校詳細が記載、送料無料でお届けします。

PAGE TOP